エニアグラムの本能のサブタイプについて

エニアグラムの本能のサブタイプについて、海外サイトの大まかな解説を一つ訳しました。

訳した元は、リソが創始者をつとめ、現在ラスが代表をつとめるEnneagram Institute®[エニアグラム研究所]のサイトからの文章です。下記ページのThe Three Instinctsの段落を訳しました (https://www.enneagraminstitute.com/how-the-enneagram-system-works/

訳すのにあたり、重要単語は日本語だけでなく英語も併記しました。

"=" の形です。

例文: 本能 "=Instincts" は人に影響します。

<3つの本能について "=The Three Instincts">  3つの本能というものがあります。これは(よく誤ってサブタイプと呼ばれていますが)、パーソナリティを理解するのにとても重要です。

人間性の主な側面は、生物学的な「配線」に影響されます。(一文略)。私たちには、以下の本能があります。自己保存本能 "=self-preservation instinct"(体と生活を保ち、自分自身の機能を保つ本能)と、セクシャル本能 "=sexual instinct"(環境の中に自分を拡張したり、世代を超えて自身を拡張する本能)と、ソーシャル本能 "social instinct="(他人とうまく付き合ったり、社会的な連帯を作り上げる本能)です。 [訳注:セクシャルについては原文の意味が理解できなかったので直訳した。これ以後、訳注は[]で囲って表現する]

 私たち全員に3つの本能がありますが、この内の特に1つが、私たちが関心を向けたり行動を起こす主な観点となります。つまり、私たちが何に価値を感じ、何に惹きつけられ、何を快適に感じるか、この観点によって決まるのです。同時に、私たちは2番目の本能を併せ持ちます。これは、主要な本能をサポートします。それに対して、3番目の本能はほんの少ししか発達しません。3番目の本能は、私たちの人格と価値観の「盲点」になってしまうのです。この3つのうち、どの本能が「特に優勢」で「ほどほど」で「ほとんど使われていない」かによって、[つまり本能の順番によって]、 「ケーキのような本能の層」ができます。

一番優勢な本能が一番上の層で、次の本能が真ん中の層で、最後の本能が底の層です。  これら3つの本能が、私たちの人格に影響します。そして何より、人格が どの本能のニーズに優先権を与えるかに影響するのです。だから、全ての人が3つの本能を持っていても、ある特定の本能のニーズを他の二つより優先しがちになるのです。

私たちはこれを、「ドミナント[主要な]本能」と読んでいます。私たちはドミナント本能のニーズを最優先に考えるので、それにより、人生のなんの領域に一番関心を持つか決まりやすいです。

しかし、もし私たちがパーソナリティの防衛的な囚われにはまり込んでしまうと(つまり発達のレベルを下に落ちてしまうと)、私たちのパーソナリティは、ドミナント本能を混乱させてしまうのです。

[訳注:上記の文の意味を解説します。もともと各タイプには発達段階があり、レベル1(健全)からレベル9の(不健全)まであります。そのレベルが下がってしまうと、もともと持っているドミナント本能が、統制されず、悪い形で出てしまう。ということだと思われます]

 そして何より、私たちのエニアグラムのタイプが、ドミナント本能に独特の傾向を加えるのです。[訳注:エニアグラムのどのタイプかによって、同じドミナント本能を持っていても、その現れ方が違うということ]。エニアグラムのタイプとドミナント本能を組み合わせると、パーソナリティの働きが、より分かりやすくなります。もし私たちが3つの本能と9つのエニアグラムのタイプを組み合わせると、組み合わせが27個生まれます[3×9=27]。そして、27のそれぞれに、各タイプ内での違いと人格的な変化があるのです。[訳注:上記の文の意味を解説します。各タイプには、もともとある特徴だけでなく、それぞれのタイプに特有の人格の動きがあります。動きというのは、例えば、各タイプは統合の方向や分裂の方向に動いたりしますし、発達の段階も上下します。それも加味した上で、27のそれぞれの違いがある、ということと思われます]。

私たちはこれを、タイプの本能差分 "=Instinctual Variants"と呼んでいます。 このエニアグラム研究所ではオンラインテストを提供しています。そのテストは、あなたがどの「タイプの本能差分」[27のうちどれか]を理解するのに役立つでしょう。また、本能の順番も理解できます。そしてまた、このテストでは、あなたが、どのエニアグラムのタイプで、どのウイングで、どういう本能の順番か、詳しい情報を提供できます。

以下は、3つの本能の簡単な解説です。

 

<自己保存本能 "=Self Preservation Instinct">

自己保存本能がドミナント本能である人は、次のことに関心を持つ。安全、快適、健康、エネルギー(お金)、肉体的な健康だ。つまり、彼らは生活上の必要性を満たすのに、十分な資源があるかどうかに関心があるのだ。身体は全ての人にとってに基礎的な問題で、この世界の中で生きて活動するためには、自分の体を健康に保つことは必要だ。先進国の多くの人は、生きるか死ぬかという「サバイバル的な」問題には直面していない。だから、自己保存本能は次のことに目を向けさせる。食べ物やお金、家、医療的な健康上の問題、肉体的な快適性にだ。さらに拡張して言えば、[自分だけでなく]他の人がこれらのニーズを満たしているかどうかについても、関心が行く。彼らの関心は、必然的に、周りの環境へも関係してくる。例えば、衣服や温度、ショッピング、内装などだ。(一文略)。自己保存本能の人は、地に足がついていて、実践的で、まじめで、自分の本能的な要素との結びつきが強い。彼らも、社交をしたり、誰かと親密な関係を結ぶかもしれないが、しかし彼らにとって、自己保存的なニーズが満たされていないと、幸せとは感じられず、快適とも感じられない。彼らの主要な対人関係は、「巣を作る」ことに関係する。すなわち、安全で安心で頼もしく落ち着きがあるパートナーを得ようとするのだ。

 

<セクシャル(惹きつけられる))本能 "=Sexual (aka “Attraction”) Instinct">

 多くの人が、自身をこの本能タイプだと錯覚する。なぜなら、セクシャル本能は、「一対一の関係」に関心があるからだ。しかし実際には、3つの本能タイプ全てが、異なる理由から一対一の関係を重視しており、だから、[自分がどの本能が強いか]見分けるのが難しいのだ。セクシャル本能タイプの鍵となる要素は、何かや誰かに対する「化学反応」のような激しいモチベーションだ。セクシャル本能タイプは、ほぼ常に、何かに惹きつけられている。しかし、もしセクシャル本能タイプだとしても、それが性的な反応に結びついているわけではなく、性行為が必要というわけでもない。(一文略)もちろん、私たちは誰しも、ある人々には惹きつけられ、他の人に対してはそうでもなかったりする。しかし、セクシャル本能タイプは、常に、人や活動に対して、激しいモチベーションを持ち続けているのだ。彼らは、本能タイプの中でもっとも「エネルギッシュ」なタイプであり、そして、アグレッシブになりがちで、競争的になりがちで、何かに突進しがちで、自己保存的タイプやソーシャルタイプより感情的に激しくなりがちだ。セクシャル本能タイプは、世界に対して、激しい情愛を求めており、それが満たされなければ不満足なのだ。彼らは何かに激しく関わることを、自身の喜びとする、ある意味で、自身とその何かが溶け合ってしまうくらいに。そして、彼らの欲求である、対象へ一体化したいという激しい情熱がパートナーによって満たされなければ、彼らは幻滅してしまうのだ。誰かや何かの中に自身を融解させ、自身を失ってしまうのが理想であり、セクシャル本能タイプは、そういう機会を常に求めているのだ。その対象が、人か、何かの活動かにかかわらず。

<ソーシャル(適応的な)本能 "=Social (aka “Adaptive”) Instinct">  

多くの人が、自身をセクシャル本能タイプではないかと錯覚するのと同様に、多くの人が自身をソーシャル本能タイプと錯覚する。なぜなら、このソーシャルという言葉が、何かグループ活動や、パーティのような活動と思っているからだ。自己保存タイプが環境の中で快適で安全であることを求めるのに対して、ソーシャル本能タイプは社会的な関係の中での自身の役割を満たすことに関心を向ける。だから、ソーシャル本能タイプは、他人に対して敏感である。親しいグループであろうとなかろうと、社会における他人に対して敏感なのだ。彼らは、自分の行動や態度が、他の人にどのような影響を与えるか、とても気にする。さらに、セクシャル本能タイプが常に親密さを求めているのと同様に、ソーシャル本能タイプは、社交上の人脈をとても重視する。彼らは、長い間、人々や世界に関わることを望んでいるのだ。ソーシャル本能タイプは、本能タイプの中で、自分の属するコミュニティへの影響をもっとも重視するタイプである。彼らは、他の本能タイプより、親しみがあり、オープンな感じで、よく人に関わって、(社会の)人間関係上の責任に応えようとする。人間関係において、彼らは、社会的だったり社交的な活動を分かち合えるパートナーを求めている。矛盾することに、彼らは長期間孤独でいることもある。[なぜなら]ソーシャル本能タイプは、自分の関心外の活動に参加することに対して、消極的だからだ。

エニアグラムのタイプを見分けるコツ(タイプ4と5について)

エニアグラムのタイプを見分けるコツについて書こうと思います。

2chエニアグラムの関連スレッドを見ていたら、タイプの見分け方の話が出ていたので。

見分けるコツについて、他人から見た場合(外面的)と、自分から見た場合(内面的)についての見分けるコツは違うと思います。 外面的には、分裂の方向を意識すると見分けやすいと思います。 内面的には、人格の中心となる恐れを意識すると見分けやすいと思います。

例えばタイプ5とタイプ4の違いについて、2chに見分け方をレスをしました。それを引用したいと思います。以下引用です。レス91、93、94でごちゃごちゃ言ってるのが私のレスです。

 

89没個性化されたレス↓2017/08/29(火) 15:51:52.03>>91
5w4と4w5の決定的な違いは何だと思いますか
91没個性化されたレス↓2017/08/30(水) 15:12:34.77>>92
>>89 
それぞれのタイプの分裂の方向を見ると、どっちかすぐ判断できるよ 

人は日常において、分裂の方向に転びやすく、そのタイプの特徴を行動化しやすい。 
だから、一見タイプ4か5か分からなくても、タイプ7のようにテンションアゲアゲで享楽的な行動が多かったらタイプ5だし、 
タイプ2のように馴れ馴れしかったり親しみやすかたっりする行動が多いとタイプ4だよ 

それと、リラックス時には統合の行動をとるから、 
リラックスしているときのその人を見て、 
タイプ8のよくに割合我儘で押しが強いのがタイプ5で、タイプ1のように真面目っぽいのがタイプ4だよ 

ちなみに、私はタイプ4w5で、5w4の知り合いも居るから、 
他にも何か質問があれば、答えたり答えなかったりしますよ

 

92没個性化されたレス↓2017/08/31(木) 12:19:23.56>>93>>94
>>91 
ありがとうございます 

なるほど、分裂と統合ですか 
自分のタイプが分からなかったのですが、どちらかと言えば5w4のような気がします 
それらの例だとどちらも当てはまる気がしちゃって…深く考えない方がいいのでしょうか 
エニアグラムに触れてまだ日が浅いのでもっと調べてみます

 

93没個性化されたレス↓2017/08/31(木) 13:28:41.20
>>92 

いや、いきなり複雑なことをいって悪かった 
タイプ4のと5の決定的な違いは、生きる上での課題だよ 
タイプ4も5も共通しているのは、「自分はこの世界で生きていけるか?」的な無能感があると思うけど、 
決定的に違うのはその中身で、タイプ4は「自分を好きになってくれる人がいるだろうか?自分を認めてくれる人はいるだろうか? 
自分にその価値があるだろうか?(感情・好悪・アイデンティティに関わる事柄)」というのが生きる上での課題だけど、 
タイプ5は、「自分に生きていけるだけの力はあるだろうか?この不安定な世界で自分は安心を得ることができるだろうか? 
世界に対処する知識や力はあるだろうか?(思考・戦略・未来に関わる事柄)」というのが生きる上での課題だよ。 

もちろん、いくつか注意点があって、一応蛇足だけど3つ解説します 
一つは、ウイングが重いと(ウイングには、軽い重いがあって、どの程度隣のタイプの性質を持ち合わせているかが変わるけど、 
重い場合は)、タイプ4でも「知識や不安や力を」をかなり重視したり、タイプ5でも「この人は自分を認めてくれるだろうか?」をかなり重視したりする。
だけど根本的に、対人関係において違うのは、 
タイプ4は「この人は私を好きか嫌いか、そして私はこの人を好きか嫌いかで」で判断しがちだけどタイプ5は「この人は信頼できるか? 
強さがあるか?そして私にも強さと有能さはあるのか?」で判断しがちだよ。 

二つ目の注意点はそもそもあなたがタイプ4w5でもタイプ5w4でもない可能性だよ。 
例えばタイプ6は、自分をタイプ4と見間違ったり、タイプ5と見間違ったりする可能性がある。

 

94没個性化されたレス↓2017/08/31(木) 13:29:27.36
>>92 
続き 

三つ目は、男女でエニアグラムの傾向が違うから、その点を考慮しないと、判断しにくいよ。 
例えばタイプ5でも女性の場合は、男性とは脳のつくりが違うから「人に好かれるか嫌われるか」を、 
男性のタイプ5より気にする可能性があるよ 

あと、もし多少きちんとエニアグラム(と自分自身)を知りたくなったら、以下の本をおすすめするよ 
・9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係 (PHP文庫) 
とかで入門してみて、ちょっとわかってきたら 
エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ 基礎編 (海外シリーズ) 
とかを読むといいよ 

なんにせよ、まずは鈴木 秀子さんの本あたりを読むと理解しやすいよ

 

ちなみに、上記でタイプ4が「価値重視」タイプ5が「戦略と力重視」と書いたのは、単にタイプ4と5の違いだけではなくて、タイプ4は分裂でタイプ2へ動き、統合でタイプ1へ動きますが、どちらもエニアグラムの円の中の右側で、感情すなわちfeelingの特徴を持つので、feelingタイプの特徴である「価値」を求めるエネルギーが人格の中心になるからです。対してタイプ5は、分裂でタイプ7、統合でタイプ8へ動くので、どちらもエニアグラムの円の中の左側で、思考タイプ的な特徴を持つので、「力と信頼と安全」みたいな価値観が人格の中心になるからです。

また、単にタイプ4と5の違いとしては、タイプ5は意外に論争好きで、タイプ4はそうではない、とか、そういう違いもあると思います。

終わりです。

しばらくブログに何も書かなかったので、こうしたお茶を濁す記事をたまに書こうと思います。。。

また、見分けるコツの正しさについて、ここで書いたことが絶対に正しいと主張する気は、もちろんありません。。。

エニアグラム関連書籍の紹介

エニアグラム関連の本が多くあります。

どれを購入したら良いのか迷っている方へ、いくつかの本を比較しながら紹介します。

ちなみにエニアグラム関連の本は、全体的に、日本人が書いた本よりアメリカ人の本の方が質が良いです。なので、今回紹介するのは、それらの邦訳本の比較です。

 

エニアグラムあなたを知る9つのタイプ 基礎編 (海外シリーズ)

日本で出版されている本の中では理論的にもっとも充実していて、説明がわかりやすいです。

少し真剣にエニアグラムを勉強したくなったら読むのがいいと思います。

ただし、日本語版では英語版と比べていくらか内容が省略されています。その省略された内容を、「基礎編」の次の「上級編」として出す予定だったらしいですが、一向に出る気配がありません。

(なお、省略された内容については、英語版のUnderstanding the Enneagram: The Practical Guide to Personality Types の7章~11章に書かれており、読みたい方はそちらを読むといいでしょう。かなり大事な部分が省略されていることがわかります。kindleで買えます)

なんにせよ、ある程度きちんとエニアグラムについて知りたい方におすすめです。

 

・性格のタイプ自己発見のためのエニアグラム

これには初版と改訂版があり、改訂版の紹介です。

他のレビュアーの方も言っていますが、各段階(発達のレベル19)ごとのタイプの説明がもっとも詳しいです。各タイプの特徴を詳しく知りたい方は買うと良いと思います。

なお、現在では改訂版の値段が高すぎる(アマゾンで70000円以上のため、近くの大きな図書館等に行って借りて読むと良いです。ちなみに初版の方は、上で紹介した「エニアグラムあなたを知る9つのタイプ 基礎編」と大差ないです)

 

エニアグラム(9つの性格分析)で相手の「性格」が怖いほど見える!

この本の特に良いところは、各タイプの「人づきあいにおける相性や付き合い方」が書かれているところです。恋愛関係や仕事関係(権力関係)における各タイプの関係について、かなり比重を置いて、しかもわかりやすく書かれています(なんと、一冊の約半分である160ページが人間関係について書かれています。ちなみに、ネット上「各タイプの相性」について書かれているものは、この書籍が元になっているものが多いです)。かなり各タイプの関係について詳しく、かつわかりやすいので、その辺を求める方におすすめです。

 

エニアグラムでパートナー探し

この本は、タイトルではパートナー探しとありますが、恋人探しな説明においては上記の「エニアグラム(9つの性格分析)で相手の「性格」が怖いほど見える!」の方が良いです。

しかし、この本では「本能のサブタイプ」ごとの各タイプの説明をしており、それがこの本の良いところです。これは他の本で説明されていることがほとんどありません。

詳しく言うと、本能のサブタイプ、つまり「自己保存」「対人」「社会」ごとの各タイプの特徴を説明していて、

たとえば、タイプ3なら以下のように説明されています。

>自己保存型のタイプ3ー「安全」を重視

  ・経済的安定が私にとってもっとも重要だ

  ・体の調子がよく、健康をたもつことが必要だ

  ・、、、、、、、、、、、、、、(以下特徴が箇条書き)

>対人関係型のタイプ3ー「安全」を重視

  ・私はカリスマ性、成功、性的魅力、力強さによって異性に印象付けようとする

  ・魅力的に見せる術をマスターしている

  ・、、、、、、、、、、、、、、(以下特徴が箇条書き)

>社会型のタイプ3ー「安全」を重視

  ・私はエネルギッシュで、有能で、意思の強い指導者だ。私は人々が良い仕事をし、問題を賢明に解決するよう導き、聴衆の注目を集め続ける。

  ・、、、、、、、、、、、、、、(以下特徴が箇条書き)

なので、各タイプの本能のサブタイプごとの特徴を知りたい人には良いと思います。

ただし、それぞれのタイプについてサブタイプごとの説明はちょろっとしか書かれていない(各タイプ2ページずつくらい)ので、図書館で借りて読むくらいがちょうどいいと思います。

 

・新 エニアグラム

この本では各タイプごとに色々な方のインタビューがのっており、各タイプの感じ方が生き生きとわかります。また、特に素晴らしいのは「直感スタイル」という項目の説明です。各タイプの感じ方を「直感スタイル」として紹介しています。

(<例>タイプ1の直感スタイル:タイプ1はあらゆる状況が完璧な事を、「しっくりくる」という皮膚感覚で知る。完全に正しい解決策に出会ったタイプ1は楽になり、体がリラックスして感じられる。その感覚を言葉にするなら「なんて完璧なんだろう」となる。、、、以下略)

ですので、各タイプの生き生きとした感じ方や、タイプごとの体験談を知りたい方におすすめです。

なお、私が知っている限り「直感スタイル」として各タイプの感じ方を説明しているのはこの本だけです。

 

エニアグラム入門性格の9つのタイプ The enneagram

キリスト教的な観点からエニアグラムが紹介されており、それが面白いです。

この本特有の面白い部分は三つあります。

一つは、各タイプの時間の感じ方や、動物のたとえが、イラストつきで説明されていること。特に、時間の感じ方は、説明がどくとくで面白いし、「なるほど」という感じです。

もう一つは、友人からそのタイプを助けるにはどうすれば良いかという説明。

もう一つは、各タイプが「統合時にどのセンターに行くか」、また「分裂時にどのセンターに行くか」を「慰め」と「荒み」と表現していて、その時の感じ方について書かれている部分です。

これがなぜ有益かというと、各タイプのそれぞれの統合時の感覚ではなく、「統合するセンターがどこか」で共通する感覚がある、と主張していることです。逆についてもしかりで、「分裂するセンターが同じ」であれば「共通する感覚がある」と述べていて、それが本書でいう「荒み」です。

例えば、統合すると本能センターに至るタイプ4,5,6は、統合の方向に行くと、「神の愛に燃え立つような、全身が焼き尽くされるように感じます」と書いてあります(おそらく本能センターの感覚を得るということでしょうが)。

また、分裂タイプが感情センターであるタイプ1,4,6は、分裂の方向に行くと、感情センターの荒みである「焦燥感や(自己や他者に対する)嫌悪感」を感じる とあります。

他の本にはこのような観点の説明はあまりないので、有意義だと思います。

エニアグラムの基本原理の日本語未翻訳箇所

Understanding the EnneagramRevised Edition”(Houghton Mifflin, Boston, 2000) という本があり、日本語の書籍としては出版されていない本だが、そこにはエニアグラムの基本原理を考える上でいくつか重要な話が述べられている。

続きを読む

エニアグラムの各タイプ__ウィングと本能のサブタイプ別(引用記事)

エニアグラムの各タイプについて、下記に、ウィングと本能のサブタイプ別の詳細を載せます。この内容は、閉鎖サイト:エニアグラム with us から引用です。

続きを読む

エニアグラムにおける人格の統合について(概要)

***人格の統合について(概要)***

すべてのタイプは、体・心・思考の3つのセンターを全てうまく使えるようになることで人格が完成される。そのため、根元タイプは、3→6→9と、頂点の3つだけ発達させれば良いが、副次タイプは1→7→5→8→2→4→1と、長い統合への道を進み続けなければいけない。そして、副次タイプは、人格の発達が徐々に進むが難易度は易しい。逆に根元タイプは難易度は高いが人格の発達は一気に進む ”性格のタイプ 増補改訂版 p541”。

わかりやすく言うと、根元タイプであるタイプ3・6・9は、葛藤がありしばらくうじうじしたあと、パパッと一気に良い方向に進むことがあるが、それ以外の副次タイプは、良い方向に徐々に進展する、ということ。

続きを読む

エニアグラムの本能のサブタイプについて

 ***本能のサブタイプについて***

本能のサブタイプは独立変数のようなもの。エニアグラム自体の体系とは関係ない。

本能のサブタイプは、自己保存、セクシャル、ソーシャルと3つあり、個人個人でどれか特に強いサブタイプが存在する。また、どれか特に弱いサブタイプが存在する。

続きを読む